筋トレダイエットでムキムキにならないようにするには?全く心配無用です。

最近は有酸素運動に加えて、筋トレをダイエットに勧めるトレーナーも増えてきました。

理由は、ウェイトトレーニングなどをして、筋肉を増やす事で、
基礎代謝を増やす事が出来るからです。

有酸素運動が運動中しかエネルギーを使わないのに対して
筋トレは筋肉が増えれば、その分、消費カロリーが増えるので、
何もしなくてもカロリーをどんどん消費してくれる身体になれます。

筋肉は脂肪より重いですから、
「あれ~体重が減らないなぁ・・むしろ増えてるかも。。」という状態になる事もありますが、実際にはウエストサイズはダウンしますし、引き締まった美ボディになる事が出来ます。

ただ、筋トレやウェイトトレーニングをダイエットに取り入れようと思った時に
必ず出てくる言葉が

女性「痩せたいけどムキムキになりたくない」
男性「細マッチョになりたいけど、ゴリマッチョにはなりたくない」

と言った意見です。

ただ、ご心配なく。あなたが筋トレをダイエットに取り入れても
痩せる事はあっても、ムキムキなマッチョになる事はありません。
その理由を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

食べなければ筋肉は太くならない。

脂肪は食べれば食べるほどどんどん大きくなっていきますよね?
筋肉も同じなんです。食べなきゃ大きくならないんです。

まず、運動してない人の筋肉というのは、ゆるゆるの肉です。
脂身も乗ってます。

この筋肉を筋トレする事で、まずは引き締めていくのです。
筋トレする事で、筋肉が太くなるというよりは、筋肉の密度が上がると思ってください。

そして、もう一つ大事な事として、
筋肉を見るからに分かるくらい大きくするためには、沢山食べる必要があります。

ボディビルダーも筋肉を大きくするために、増量期はめちゃくちゃ食べます。
食べないと大きくならないどころか、筋肉の栄養不足で筋肉が縮んでしまうのです。

しかし、ダイエット目的で筋トレする人は、最初から食事も制限してますから
大きくなりようがないです。つまりムキムキになんてなれません。

いわゆるムキムキな人になるには、
最低でも半年位の血反吐を吐くような本格的な筋トレが必要です。

ダイエット目的の人はそこまで高強度な筋トレをやらないでしょうし、
続けないと思います。

ムキムキになる前にやめればムキムキにならない

そもそも、ムキムキになるまでには、今言ったように最低でも半年以上はかかります。
基礎代謝を上げるために筋肉を付ける場合、もともと食事制限もしてますから、
まず筋肉が見た目に影響するほど大きくはなりません。

ただ、筋トレをやっていれば、ちゃんと筋肉の強度は強くなりますから、
筋肉の密度は上がりますし、血流量も増えて、基礎代謝は上がります。

もちろん筋トレをやってる最中もカロリーを消費しますから、痩せていきます。

で、実際に筋トレにハマってきて、ウェイトトレーニングの重量を増やしていったり
食事量が増えたりすると、筋肉は肥大していきますから、ムキムキになる可能性も出てきます。

しかし、筋肉を肥大させるには、とてつもなく時間がかかります。

ほんの数ミリ筋肉を太くするのに、半年とかかかるわけです。
見た目に変化が起きるほど筋肉が付くような人というのは、
アスリートとして本気で筋肉を増やす目的で運動してる人のみです。

ダイエット目的で適度な運動をしてる人はまずなりません。

そもそも筋トレにハマってきたとしても、
ムキムキになる前にやめれば良いだけです。

筋肉なんて1日2日で見た目に影響するほどの変化なんて起きませんから、
もしあなたが「最近私、ムキムキになってきてないか!?」と思ったなら、
そこでやめれば良いだけです。

自分が目指す美ボディに達したら、それ以上の高強度で筋トレしなければ
筋肉が発達する事はありません。

筋肉を大きくするためには、以前より強度の高い運動をする必要があります。
ダンベルやウェイトを使ったエクササイズであれば、
ウェイトの重さや回数を増やさなければ、筋肉は増えません。

例えば、14kgのダンベルを8回連続で持ち上げられるようになった人は
今度は16kgのダンベルに変えて、8回連続で持ち上げられる事を目指すといったように
重さを増やしていけば筋肉は大きくなります。

しかし、それをやらなかれば、筋肉は同じサイズのままで、大きくはなりません。

目標のボディになれたら、それ以上の強い負荷をかけなければムキムキになんてなりません。

実際、ハリウッドのアクション映画に出ている女優の人達も
全然ムキムキではないと思います。むしろ引き締まった理想のボディですよね。

特に女性はムキムキな筋肉にはなれない

筋肉を肥大させて、ムキムキ感を出すためには、男性ホルモンのテストステロンというものが必要です。

高強度の筋トレをする事により、このテストステロンが出て、男性なら筋肉が成長していきます。

しかし、女性の場合、もともと男性ホルモンが少ないですから、
ちょっとやそっと筋トレしたぐらいでは、見た目に影響が出るような筋肉を付ける事はできないのです。

むしろ男性よりもキツイトレーニングをして、さらにものすごい量を食べてというのを繰り返さないと筋肉を付ける事はできません。

なので、心配せずに筋トレダイエットをやって、まずはゆるゆるの筋肉を引き締める事から始めるのです。

全身の筋肉を引き締める事で、姿勢が改善されて、見た目に変化が出てきますし、
基礎代謝も増えて、以前より脂肪が燃えやすい身体になっていきます。

筋トレは毎日やる必要がない

筋トレは毎日やる必要がないというのも、ダイエットに取り入れる理由として大きなメリットです。

筋トレをやると、次の日は筋肉痛になります。

筋肉痛の間は筋トレはやりません。筋組織が傷ついて修復している最中なので、
そんな中筋トレをさらにやっても、筋肉が成長せず、代謝が上がらないのです。

なので、週3日か週2日程度で続けていけば良いのです。
筋肉を成長させるには、ギリギリ8回程度持ち上げられるウェイトを使ってトレーニングする事が効果的です。

2kg程度の軽いダンベルを握ってエクササイズしていても
それは筋肉の成長にあまりつながらず、それだとただ有酸素運動してるのと変わらなくなってきます。

そうではなく、8回程度ギリギリ持ち上がるような重めのウェイトを使って
トレーニングする事が大事です。

繰り返しますが、そうして筋肉を成長させていっても、ムキムキにはなりません。
ダイエット目的の筋トレでは筋肉密度が上がって引き締まるだけです。

見た目に影響がでるムキムキになるためには、沢山食べて、重りの重さと回数を増やしていく必要があります。それをやらなければ、それ以上筋肉は成長しません。

「ムキムキになりたくない」ではなく、「ムキムキには猛烈な努力しないとなれない」が正しいです。

安心して筋トレをダイエットに取り入れて、基礎代謝を上げていきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれてる記事