身体の痛みやだるさなど身体の異変の改善、ダイエットなど強く美しい体への肉体改造を促すための情報、サプリ紹介などを体験談、口コミを含めてお届けします。

健美体・体調不良や痛み克服、肉体改造などの健康情報局

ダイエット、肉体改造 ダイエットを成功させるコツ

EMSパッドはダイエットに効果あり?ウエストサイズは減るが痩せてない理由とは?

更新日:

最近、テレビのロナウドのCMでも話題のシックスパッドや
テレビショッピングでは巻くだけでウエストが痩せるというスレンダートーンを始めとしたEMSパッドが人気商品として出回ってますよね。

このEMSパッドですが、たしかに使ってれば、ちゃんと筋肉痛になりますし、
ウエストサイズダウンの効果自体はあります。

 

ただ、じゃあそれで、ちゃんと脂肪が燃焼されて
痩せていく事が出来るのかというと、ちょっと違うんです(汗)

 

ここでは、EMSパッドで痩せるのが難しい理由や、
効率良く痩せる方法をお話ししていきます。

 

EMSパッド類で痩せるのが難しい理由

確かにEMS系のアイテムで筋肉を刺激する事は可能です。
実際に使えば筋肉痛にもなりますし、

 

筋肉痛になれば、摂取したカロリーは筋肉の修復や増強に優先して使われますから
摂取した炭水化物も脂肪になりにくくなりますし、カロリー消費も増えて、
若干のダイエット効果は見込む事が出来ます。

 

そして、よくウエストが-15cmみたいな宣伝を見ますが、
確かにウエストサイズをEMSパッドを使う事でダウンさせる事は可能と言えば可能です。

 

なぜかというと、EMSパッドで腹筋を引き締める事で、筋肉が収縮した分、
ウエストサイズが減るからです。

 

また、今まで腹筋が緩んでいたせいで、下の方へ垂れ下がっていた、
胃や大腸を始めとする臓器が、腹筋の力で上へ持ち上がるので、
その分、ウエストサイズはちゃんと減るのは間違いないと言えます。

 

しかし、EMSパッドを使った人が口を揃えるのは、
ウエストサイズはダウンしてるのに、ブヨブヨなままという事。

 

そりゃそうです。
この装置はあくまで腹筋を鍛える、刺激する装置であって、
脂肪を落とす装置ではないからです。

 

筋肉の引き締まりと、臓器が正しい位置に戻る効果で
確かにお腹は引っ込みますが、
お腹に乗った脂肪は落ちてませんから、皮下脂肪はそのままダルンダルンに残ります。

 

なので、脱いだらすごいんですな引き締まった身体や6パックになれるわけではないのです。

 

 

腹筋への刺激だけでは脂肪はなかなか減らない

毎日何度もEMSパッドを使っていれば、
腹筋運動を何百回もやっているのと同じような効果はありますから、
カロリー消費も増えて、脂肪も減っていく事が期待できるのでは?!

 

そう思う人も多いと思いますが、
それが正直難しいのです。

 

なぜかというと、腹筋というのは、身体全体から見ると非常に小さな筋肉なのです。

 

例えば、ダイエットというと、よくジョギングやスクワットがあげられますが、
なぜそれらが勧められるのかというと、太ももの筋肉(大腿筋)を使う運動だからです。

というのも、大腿筋は身体の中でも1番大きい筋肉だからです。

大きな筋肉を使えば、それだけ多くのエネルギーを必要としますから、
沢山脂肪を燃やす事が出来ます。

 

しかしお腹の筋肉というのは、実は小さいので、
腹筋運動(クランチ)を沢山やっても、お腹の脂肪が素早く落ちるわけではないのです。

 

実際、普段は6パックがバキバキのボディビルダーの人でも、
増量期は太って6パックが見えなくなってしまう人もいます。

 

じゃあ、減量期にボディビルダーがクランチをやって
また6パックを取り戻そうとするのかというとそんな事しません。

 

HIITと呼ばれるサーキットトレーニングやジョギング、
もしくは他の大きな筋肉を使うトレーニングをやる事で
6パックが浮き出るほどに脂肪を減らしていくのです。

 

腹筋運動をする事で、腹筋をより盛り上がらせる事は出来ますが、
カロリー消費は少ないので、ダイエット効果は薄いのです。

 

なので、EMSパッドをお腹に巻いて、腹筋を刺激しても
あんまりダイエット効果は出ないと言えます。

 

ロナウドのように、すでに腹筋バキバキの人が使えば、
より浮き出るようになって良いと思いますが。。

 

例えば、実際の購入者の口コミを見てみると、

「痩せるんではなく、引き締まります!!面白い事に、お腹の脂肪は残ったまま!!」

@ニフティスポーツクラブウェブサイトより引用

 

と書かれていますよね。
つまり、クランチのような辛い腹筋運動をしなくても、
お腹の筋肉に楽に刺激を与える事ができるというのは嘘ではなく、間違いないという事です。

 

ただ、脂肪をちゃんと落としてモデルのようなウエストや6パックを手に入れたいのであれば、EMSマシーンだけではダメで、有酸素運動やHIITも取り入れていく必要があるという事です。

 

 

EMSパッドは太ももに巻け!?

というわけで、もし痩せる事を目的としてEMSパッドを使用するのであれば、
腹筋よりも太ももなどの大きな筋肉部分に巻いて使用した方が効果が出ると言えるでしょう。

 

ただ、EMSパッドの出力や領域にもよりますね。
大きな太ももの筋肉全体をうまく刺激してくれれば、
多くの筋肉を使った事になるので、効果は出ると思いますが、

 

腹筋部分に使った時と同じ出力や同じ範囲だと、
何度かずらしながら使うなどしないと、効果は見られないと思います。

 

ちなみに、胸の筋肉や背中の筋肉も比較的大きな筋肉になりますが、
EMSパッド類は、電気信号を送っているため、心臓付近の筋肉に使ってはいけないんです。

 

だから、胸に貼ったりしちゃダメなんですね~。
背中も心臓付近と言えますし、そもそも貼り付けられないとは思いますが。。

 

確かにEMSパッドに筋肉増強効果はあるのですが、
それで脂肪を減らすというのは、食事制限も本格的にやらないと難しいです。

 

よくテレビショッピングで「巻いてるだけでウエストが1週間で〇〇cmも痩せた!」みたいに言っていますが、これは先程話した、筋肉の引き締まり、臓器の移動によるものと、
ウエスト付近の水分が抜けた(むくみが取れた)効果によるものと思われます。

 

実際に太って見える原因は脂肪以外にも、水太り(むくみ)もあるので、
確かに腹巻き状のEMSを巻いて使い続ける事で、
お腹周りのむくみ改善でウエスト痩せ効果は出ると思います。

 

ただ、やはり脂肪を落とさないと、汚いたるみは取れませんから、
そのためには、胸や背中の筋肉、下半身の筋肉を使ってカロリー消費を増やす事が重要です。

 

EMSパッド自体は効果はありますから、今使っているのであれば、
引き続き使って頂き、

 

スイミングやジョギング、サイクリングなどの
有酸素運動を合わせて行うことで、

 

EMSの筋力UP効果で基礎代謝を上げながら、
有酸素運動でしっかり脂肪を燃やして、痩せていく事が出来るでしょう。

 

ただ単にウエストサイズをダウンするだけの目的であれば、
EMSは効果があるので、買って損はないですがね。

よく読まれてる記事

-ダイエット、肉体改造, ダイエットを成功させるコツ

Copyright© 健美体・体調不良や痛み克服、肉体改造などの健康情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.