明日の朝早いから早く寝たいけど眠れない。そんな時に眠るには?

これからこの記事で書く事は、あまり女性には効果がないと思います。
先に言っておきますが、男性限定です。

明日はちょっと日帰り旅行をしたい。
だから朝5時頃起きて、早朝に出発しよう!

というわけで、今日は早めに寝よう!

こういう時って結構あると思うのですが、
私なんかは、こういう日に限ってまったく寝付けません(汗)

子供の頃、遠足の前日は興奮して眠れないという経験が誰しもあったと思いますが、
私の場合は、それが露骨に大人になっても出てしまいます。

もう少しいうと、「早く起きなきゃ」という気持ちが緊張感を生み、
リラックスできないのです。

下記の記事でも書いてますが、
素早く寝付くために最も重要な事はリラックスする事です。

環境を整えても眠りが浅い、寝付けない人はココに原因がある!
環境を整えても眠りが浅い、寝付けない人はココに原因がある!
いつも眠りが浅くて夜中に頻繁に起きてしまう。 布団に入って1時間以上経っても寝付けない。 などなど、ぐっすり眠れず疲れが抜けず...

また、普段より早い時間に布団に入るので、
はっきり言ってまだ眠くないのです(汗)。

なので、寝ようとしても、眠れないんです。

そして、眠れないので、「早く寝なきゃ明日に影響する。。」
という焦りでさらに寝れなくなってしまうわけです。

スポンサーリンク

早く眠るためのポイントは?

そこで、私が早く寝るために最初に考えた事は、

1. 前々日位から早寝早起きを始める

まあ、本音を言えばこれがベストですよね。
1週間前位から早寝早起きして、徐々に起きる時間を早めていけば、
眠くなる時間も早まっていって、当日もしっかり眠れるという寸法。。

なわけですが、現実はそんなうまくいきません。

それが出来れば誰も苦労しないという奴で、
仕事のスケジュールなどもありますし、
なんだかんだでそううまく時間をずらしていくって出来ませんよね。

そう、当日だけスパッと早く寝て、スパッと早起きしたいわけです。

2. 各種眠くなる方法を試す。

 羊を数える、瞑想する、数字を100からカウントダウンしていくと、数え終わる前に寝ている、眠くなるツボを押す、睡眠誘導ミュージックをかける。。

一通り試しました。普段ならこれで眠れる事もありますが、
興奮気味のイベント前夜の中では全く役に立ちませんでした。

数字を何度100から数えても、0までカウント成功してしまう(汗)。
瞑想して頭を空っぽにしても、なぜか眠れない。。ほんと参りました。

4. 食後は眠くなるので、そこを狙う!

食後って眠くなるじゃないですか。だから食べてすぐ寝ようとしました。
そしたら、胃酸が登ってきて逆に気持ち悪くなって眠れませんでした。。

3. だったら、死ぬほど疲れてしまえ!

そして、こうなったら、体が思い切り疲れていれば、
嫌でも寝たくなるよな。。と考えて、

朝からサーキットトレーニングをしたり、ジムで汗を流し、
敢えてハードスケジュールにして絶え間なく出かけたりして、
クタクタになった所でさっさと布団に入りました。

これで寝れる!と思ったのですが、
体は辛いのに、頭は冴えてるんです(滝汗)

なんだこりゃ。。です。どんだけ早寝が嫌いなんでしょう私の潜在意識は。。

そして最終手段

これはそれなりに効果がありました。
最初に言いましたが、男性限定です。

それは。。

「寝るまで、何発も抜く」です。

はい、一回じゃダメです。
もう無理だって位出してください。

そして布団に入り、しばらく経って眠れないなら
もう一回出してください。それを繰り返します。

私はこれでいつの間にか寝てました。。

実際、若い頃はよく行為後にガクッと爆睡してたのを思い出したので、
やはりこの手が一番効くかなと思ったのです。

運動でヘトヘトに疲れるのとは違う疲れ方なので、
睡眠に入りやすいです。

頭が賢者モードになってスッキリするので、
体もリラックスして寝やすくなるわけです。

睡眠薬はOK?

ちなみに、薬局などで売っている市販の睡眠導入剤などを使う事は
私はあまりオススメしません。

というのも、なぜ早く寝るかというと、
次の日の朝、頭をすっきりしたいからです。

運転などする場合はなおさらですよね。

なのに、薬を使って寝ても、
その薬の副作用で次の日の朝も、頭がぼーっとしてしまう心配も若干あるからです。

それでは早く寝た意味がないので、特に運転などを考えている場合は
その方法は控えた方が良いのではと個人的には思います。

私の場合は、いつもより短い時間しか眠れなくても、
旅行の当日などの朝は興奮のせいか頭がすっきりしてますし、
疲れてきたらリポD飲めば大丈夫です。

ただ、普段から寝付きが悪い場合は、
睡眠サプリを試してみるのもありですね。

スポンサーリンク

よく読まれてる記事