身体の痛みやだるさなど身体の異変の改善、ダイエットなど強く美しい体への肉体改造を促すための情報、サプリ紹介などを体験談、口コミを含めてお届けします。

健美体・体調不良や痛み克服、肉体改造などの健康情報局

ダイエットを成功させるコツ ダイエットを続けるコツ ダイエット食事

価値観さえ変えればダイエットは絶対に成功する

更新日:

もし、あなたが毎回いろいろなダイエット法を試しているのにもかかわらず、痩せられないとしたら、それはあなたのマインドが痩せる事が出来ないマインドを持っているからに他なりません。

 

人にはそれぞれの価値観がありますが、
あなたが持っている価値観が太っている人の価値観なのです。

 

あなたがもしダイエットに今すぐ成功したいのであれば、
その太っている人の価値観を思い切って捨てる必要があります。

 

ここでは、ダイエットに成功する人の価値観とはどんなものかを話していきますので、
「そんな事出来ないよ~」と思いながらも、あなたも少しづつ実践してみてください。

 

価値観さえ壊せればあなたのダイエットの成功はもう目の前です。

 

 

食べ物は残す。捨てる。

昔から日本人は「もったいないおばけ」のCMが昔流れていたように、
食べ物を残したり捨てたり粗末にする事を非常に嫌がります。

 

お茶碗に残った米粒も1粒残らず食べる、これが日本の良い所なのは分かります。
しかしそれがダイエットを邪魔している要因なのです。

 

確かに一昔前は、日本の食生活は質素でしたし、貧しかったと言えます。
だから食べ物は粗末にしてはいけない、
捨てるなんてもってのほかという考えがあったと思います。

 

しかし現代はそうではありません。
十分過ぎるほど食べ物が供給されています。

 

そして、食生活も脂っこく、カロリーの高いモノに変わっていきました。

 

昔とは違い、ちょっと食べただけでも太れるくらい
エネルギーの高い食品ばかりが売られています。

 

なので昔の食料が足りなかった時代の価値観で食べていればそれは太ります。

 

もしあなたが痩せたいのであれば、

  • お腹が満たされたら、無理せず残す。
  • 保存しきれなかったり、保存するとおいしくなくなってしまうものはきっぱり捨てる。

 

これをやらなければいけないのです。

 

しかし昔、親に「食べ物は粗末にしてはいけません」と怒られながら食べてきた世代は
これが案外出来ません。そういう価値観が刷り込まれてるので出来ないのです。

 

だから価値観を変えなくてはいけないのです。

 

例えば私も子供の頃は貧しかったので、
ファミレスでパフェを頼んでもらえた時は、

 

半分食べればもう満足なのに、例え気持ち悪くなったり、
お腹が痛くなってでも意地でも全部食べてました。

 

それはパフェ=貴重な食べ物という価値観に私の中でなっていたからです。

しかし今は半分くらい食べて満足ならそのまま残します。
というのも、全部食べた所で健康に良い事はありませんし、
太るだけです。

 

冷たいモノの食べ過ぎでお腹が痛くなったり、
甘すぎて気持ち悪くなったりと、

 

悪影響しかないものを「もったえない」という価値観だけのために
全部食べるのはナンセンスです。

 

「払った分はしっかり食べたい」という気持ちも分かります。
でも何にお金を払ったかというと、「欲望を満たすため」に払ったお金です。

 

半分食べた時点で私の欲望は満たされているのです。

 

気持ち悪くなったり、お腹が痛くなったり、後で太って後悔するために
そのお金を払ったのではありません。

 

だからもう十分と感じたら、その場で食べるのをやめて残すなり捨てるなりするのです。

 

『捨てるなんてもったえない!貧しい国では飢えてる子供達だっているのに!』

 

本気でそう思うのなら、あなたの食費を半分にして、余った半分を寄付すれば良いです。
もしくはあなたの食べ残しを貧しい国に送って食べてもらいますか?

 

あなたが全部食べようが、残して捨てようが、
いずれにせよ貧しい国の子供達のお腹が満たされるわけではありません。関係ないのです。

 

そして知ってますか?日本人と言えば「わんこそば」などに代表される「大食い」ですが、
大食いも海外の一部の人からすれば「食べ物を粗末にしている」と言われています。

 

実は「食べ物を残してはいけない。捨ててはいけない。それは悪い事なんだ」というのは、
我々が勝手に思い込んでいる1つの価値観に過ぎないのです。

 

別にそれが良い悪いという事ではなく、
もしあなたが痩せたいのであれば、「残してもよい。捨てても良い」という価値観を持つ事が大事なのです。

 

捨てられないのなら、冷蔵庫へ

もし、その価値観を捨てるのが難しいのであれば、
毎回食べ残したものをラップで包んで冷蔵庫へ入れておけば良いです。

 

それが例え、お茶碗にほんのひとかけ残ったご飯の塊でも、
すでにかじったシュウマイのかけらでもです。

 

もう十分だから食べたくない。でも捨てるのももったえない。
だから食べてしまおう。。というのが太る人の価値観です。

 

痩せる人はここでその食べ残しを捨てます。

 

でもその「捨てる」が出来ないのであれば、
どうぞ冷蔵庫に保管してください。

 

『そんな食べ残しを保存したって汚いだけだし、後で食べようと思わないよ!』

と思いましたか?

 

それでいいじゃないですか。
一度冷蔵庫にその汚い残飯を移す事で、
次の日それを見た時、食べたくないと思うわけですよね。

 

そしてその残飯が冷蔵庫の中で邪魔になってきたり、腐ってきたら捨てるわけです。

 

そう、結局捨てる事ができるのです。

 

今捨てるか、後で捨てるかの違いです。
痩せるためには、必要以上に食べないという事が最優先事項なのですから、
それで良いのです。

 

 

優先順位を変えろ!

人間には必ず優先順位があります。
例えば、ダイエット中のあなたなら、

 

  • 今月中に2kg痩せる
  • 甘い物を食べる
  • 食べ物は残さず食べる

のような考えがあって、

 

例えば、冷蔵庫にプリンがあった時に、

 

頭の中の優先事項が、

1. 今月中に2kg痩せる
2. 甘い物があれば食べる
3. 食べ物は残さず食べる

 

で、あれば、あなたは今は痩せる事が最優先事項ですから、
そのプリンを食べないと思いますし、
食べたとしても一口だけ食べて、後は捨てると思います。

 

しかし、頭の中の優先事項が、

1. 甘い物があれば食べる
2. 食べ物は残さず食べる
3. 今月中に2kg痩せる

 

であれば、あなたは目の前の欲望が最優先事項ですから、
プリンを残さず食べて、ダイエットの事は後回しにするでしょう。

 

つまり、痩せたいのであれば、ダイエットを最優先事項にする必要があるわけです。
でも多くの人は、

 

1. 会社の同僚との付き合い
2. ストレス解消の夜食
3. ダイエット
4. 運動

 

のように、ダイエットに対する優先事項が低く、太る事の方を優先してやるので
痩せられないのです。

 

『そんな事言ったって、付き合いは大事だし。。』とダイエットしない理由を言い訳するのです。

 

逆に自分の肉体改造を最優先事項にしてる人達も沢山います。

 

みんながビールを飲んでる中、自分だけお茶やプロテインドリンクを飲んでいる人。
毎朝10kmの自転車通勤をしてる人、ランニング通勤してる人
飲み会よりジムに行く事を優先する人。

 

「あの人、変な人だね」と後ろ指をさされながらも、
我が道を実践してる人はいくらでもいます。

 

でもそれは自分の優先順位が「周りに合わせる」「空気読む」「変な人だと思われたくない」より「肉体改造」なわけです。

 

だからダイエットに成功したいなら価値観を変える必要があるんです。

 

『そんな思いしてまで痩せたくない』

 

それがあなたの本音かもしれません。
そう、本音通りの体型なはずです。

 

痩せたくないから痩せないだけ。だからダイエットに失敗するんです。

 

周りから数ヶ月後に『なんか痩せて変わったよね!すごいね!』と言われるより、
なんだかんだ現状維持の方があなたにとって心地よいのです。

 

 

痩せてる人の価値観と太ってる人の価値観はまったく違う

例えば、脂身たっぷりのステーキを見た時、

太ってる人なら、「おいしいそう。脂身がまたうまいんだよなぁ~」という感想が出るでしょうし、

痩せてる人なら、「うわ、脂っこそう。気持ち悪くなりそうだな。こんなん食べたらすぐ脂肪付いちゃうよ。せめて脂身は先に取り除こう。。」という感想が出るかもしれません。

 

これは実は私が太ってた時とダイエットに成功した後の感想だったりもします。
考え方がガラリと変わりました。

 

逆に言えば、痩せてる人の考え方にダイエット中に変わっていけば、
あなたはダイエットに成功しますし、

 

逆に太ってる時の考え方のままなら、痩せてもすぐリバウンドして元通りです。

 

 

価値観が変われば成功する!

以上のように、結局はダイエット法がうんぬん以前に
持ってる価値観を変えなければダイエットに成功しようがないのです。

 

最近流行りのラ◯ザップのようなパーソナルトレーニングで痩せられる人もそうで、
ウン十万円という高い金額を払って「痩せる」と決意する事で優先順位を変えているわけです。

 

「これだけ高いお金を払ったんだから、なんとしてでも痩せないわけにはいかない!」というふうに今までの価値観をかなぐり捨てるわけです。

 

また「これ以上食べたらトレーナーに怒られちゃうな。。じゃあやめておこう。。」とか
やっぱり今までの考え方とは違う行動になるので、うまく行くわけです。

 

ただ、そこでちゃんと価値観が「私は痩せてる人なんだ」に変わりきらないと、
ダイエット期間が終わった途端にどか食いを続けてあっという間にリバウンドなわけです。

 

リバウンド対策についてはこちらの記事を読んで下さい。

https://kenbitai.com/post-362.html/

 

 

というわけで、

  • 食べ物は残しても良い、捨てても良いという価値観に変える
  • 優先順位をダイエットが1番にシフトする
  • 痩せてる自分の価値観で生活する。

このように自分の価値観を変えていってください。
痩せるも太るもあなたの気持ち次第です。

 

 

よく読まれてる記事

-ダイエットを成功させるコツ, ダイエットを続けるコツ, ダイエット食事

Copyright© 健美体・体調不良や痛み克服、肉体改造などの健康情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.