咳が止まらない時は何科を受診?それぞれの科の診察内容と選び方

なぜか咳が止まらないって事、ありますよね。

  • これってホコリが原因?
  • 風邪?
  • 逆流性食道炎?
  • 花粉?
  • 喘息?

などなど、原因が分からず、そもそも何科を受診すれば、治るモノなのか分からず困ってしまいますよね。

そんなわけで、それぞれの科では、どういう診察や検査が行われて、
どういう対応をされるのかを解説していきますので、

あなたの症状と照らし合わせながら、お目当ての科に行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

咳は何科の医者に行けば治る?

基本的に咳と関係してるのは

  • 耳鼻咽喉科(耳鼻科)
  • 呼吸器科
  • 内科

この3つです。

ただ、やはりあなたの症状を把握するために、まずは耳鼻咽喉科に見てもらう事をおすすめします。

耳鼻咽喉科でチェックされる事

基本的には、耳鼻咽喉科は、風邪など、鼻や喉の腫れ、炎症を診てくれる所です。

なので、チェックされるのは、喉と鼻です。
医師が目視で喉を見たり、時には内視鏡(胃カメラと同じモノ)を鼻から入れて、
内部の様子をチェックしたりします。

ただ、あなたの症状が実は風邪ではなく、喘息など、肺や呼吸器から来る病が原因の場合、
そこまでチェックしてくれるとは限らないという感じです。

医者によっては、呼吸器関係も合わせて詳しい先生もいるので、
そういう所であれば安心ですが、

喉の腫れなどのお薬を出してもらっても咳が改善しない場合は、
呼吸器科で気管に異常がないか診断してもらう事をおすすめします。

というのも、例え耳鼻科で「喉が腫れてますね」と診断されても、
咳をしてるから喉が腫れてるだけかもしれません。

咳が出る原因は喉の炎症ではなく、肺や気管の炎症が原因の場合もあり、
それだと耳鼻科から出る風邪のお薬では咳は止まらないわけです。

呼吸器科では何をチェックするのか?

呼吸器科では、気管や肺など、喉のさらに下の部分を診察してくれます。

基本的にはまずレントゲンを取り、
肺に異常がないかチェックします。

また学生時代に身体測定でやった、肺活量を測る機械などを使って、
あなたの呼吸がおかしくないかなどをチェック。

ここで喘息っぽい症状などが見られれば、
加湿器のようなモノを使って薬を数分間吸入します。

そして、もう一度呼吸のテストをしてみて、
喘息症状などはないか再チェックします。

例えば、最初に呼吸が弱々しかったのに、
喘息の薬の吸引後に呼吸が強く出来るようになっていたら、
喘息の可能性が高まるというわけです。

また時には血液検査もします。
ホコリや花粉など、なにかアレルギーがないか
そのアレルギーが咳の原因になってないかをチェックするわけです。

そういった呼吸のテストや、レントゲン、時には血液検査などをして
気管や肺に異常がないかをチェックしていくのが呼吸器科です。

ただ、耳鼻科にも呼吸器科にも行ったのに、何も改善しない。
咳も相変わらず出るし、痰も喉に絡む。と言った場合に行ってもらいたいのが内科です。

内科で逆流性食道炎を疑ってもらう

喉にも呼吸器にも異常がないのに、咳が止まらなかったり、
痰がやたら絡んだりという事になってくると、それは逆流性食道炎の可能性が出てきます。

逆流性食道炎とは、胃酸の出過ぎで、胃酸が食道にまで登ってきてしまい、
食道や喉、気管部分を傷つけてしまい、それゆえに咳が止まらなくなったり、痰が絡み続けたりといった症状が出る病気です。

さて内科に行って「咳が止まらないので、逆流性食道炎を疑っているのですが」と相談すると、ここで医師から言われるのは「胃カメラを飲みますか?」という事です。

というのも、今までは、喉や肺、気管などをチェックしてきたわけですが、
今度はもっと下の食道や胃をチェックする必要があります。

となると、目視やレントゲンではチェックがうまくできません。
なので必然的に胃カメラでチェックという事になってきます。

また胃カメラはおぇっとなりそうで怖いという人は、
鼻から入れる胃カメラを使ってる病院へ行ってください。

もしくは内科医に「胃カメラを飲みますか?」と勧められた時に
「こちらでは鼻から入れる胃カメラですか?」と聞いてみてください。

これが昔ながらの口からの胃カメラなら、「ではちぇっと鼻からの胃カメラの所を探してみます」と言って、胃カメラを断ればOKです。もちろん何も検査を受けずに帰っても診察代の400円程度は取られますが。

内科に実際に行く前に、電話して鼻からの胃カメラか、
口からの胃カメラかを聞いてから行くと良いと思います。

いずれにせよ、逆流性食道炎のチェックとなると、
胃カメラが必要になってくると考えてください。

ゆえに内科の受診は最後が良いです。

というのも、内科医も咳や痰で相談に来た場合、
「まずは耳鼻科に診てもらう事をおすすめします」と言ってきます。

なので、順番的には、耳鼻科、呼吸器科、内科という順番で診てもらう事になります。

特に風邪ではないっぽいぞという場合は、呼吸器科から診てもらっても良いと思います。
ただ一番良いのは、耳鼻咽喉科だけど呼吸器の勉強もしてる先生の所で診てもらう事です。

最近は耳鼻科の医院のウェブサイトなどで先生の経歴が載ってる所も多いので
そういうのをチェックして呼吸器の勉強をされてる先生の所で診てもらうと良いでしょう。

というわけで、早く咳が治まると良いですね。
ぜひ参考にして、早めにお医者さんに診てもらってくださいね。

スポンサーリンク

よく読まれてる記事