身体の痛みやだるさなど身体の異変の改善、ダイエットなど強く美しい体への肉体改造を促すための情報、サプリ紹介などを体験談、口コミを含めてお届けします。

健美体・体調不良や痛み克服、肉体改造などの健康情報局

風邪の治し方

風邪を早く治すために葛根湯は効果あり?格安で買う方法も教えます。

更新日:

最近、風邪を早く治す方法で検索すると、

 

『耳鼻科に行ったり、薬局で風邪薬を買って飲んでも、あんまり意味はない。なぜなら風邪ウイルスを治すための薬は未だに発明されておらず、薬局の風邪薬などは、咳や鼻水を一時的に止めるための対処療法に過ぎない。』

 

という事が出てきます。

 

そして、風邪を早く治すための代替案として、

 

『ビタミンCを沢山取り、葛根湯を飲み、そしてよく眠る事で体力の回復を促して風邪を早く治す事が出来る』

 

と言われています。

 

さて、この葛根湯について今回は解説したいと思います。

実際のとこ葛根湯の風邪に対する効果はどうなのか、
なぜ葛根湯が風邪に効くと言われているのかなど
実体験を踏まえてお話ししていきます。

 

葛根湯とは?

葛根湯とはいわゆる漢方薬です。

 

葛根という葛(クズ)という植物の根を主材料として使った漢方薬なんですね。

 

主に風邪のひき始めに効果があると言われています。
逆に熱が出たり、汗をかいたりという症状が出ている場合、あまり効果がないとも言われています。

 

あくまで風邪の初期症状、鼻水、鼻詰まり、頭痛といった症状に効果があり、
他にも筋肉痛や肩こりなどにも効果があるとの事。

 

また葛根湯の強みとして、飲んでも眠くならないというのがあります。
風邪薬というと、眠くなるイメージがあるので、
特に運転などをする人は避けるイメージがありますが、そういう面ではかなりオススメです。

 

 

葛根湯は高い?安く手に入れる方法もあり。

葛根湯は、薬局で大抵、3本ぐらいの小瓶のセットで売ってます。

大体3つで500円程度の価格帯です。

 

確かにリポビタンD感覚でちょこっと飲むには良いのですが、
風邪が治るまで毎日飲むとなると、コスト的にも微妙ですし、
だったら普通の風邪薬買った方が良いんじゃないかという気持ちにもなります。

 

ただ、マツキヨに行くと

こういった顆粒のパックで売ってたりします。

大体1300円ほどです。(一袋あたり43円程度のコスト)

 

この場合、自分でお湯を沸かして溶かして飲む必要がありますが、
30包も入ってますから、風邪を引いてる最中はずっと飲めます。

 

コスト的にも小瓶で買うより安上がりですし、
葛根湯という名前の通り、お湯で飲んで体を温める事もできます。

 

 

葛根湯の味は?飲みやすい?

漢方薬ってなぜか粉を溶かして飲むタイプが多いんですよね(汗)
なので、マズイ奴は飲みづらいのも多いです。

 

葛根湯も漢方独特のあの匂いはします。
ただ味はそんなにクドくはないです。

 

小瓶のも少量しか入ってないので、
そんなに苦しくはないです。

 

苦みはほとんどありませんが、
変な甘みと匂いがあり、

 

これが漢方慣れしてない人が飲むと
気持ち悪いと感じるかもしれません。

 

顆粒のものを多めのお湯で割ってお茶のように飲むと
味もかなり無味に近くなり飲みやすいです。

 

 

葛根湯は実際のとこ風邪に効果ある?

私も毎回風邪をひくと最近は葛根湯を飲んでます。
特に普段お茶を飲みますが、
一日2~3回、お茶代わりに飲みます。

 

葛根湯は食前や食間(食事と食事の間の空腹時)に飲むとより効果があると言われています。

 

で、効果ですが、
確かに体の疲れや風邪の気だるさや筋肉に力が入らない感覚などはかなり和らぎます。

 

ただ、これを飲めば、咳が止まるとかそういうわけでもないですし、
葛根湯を飲んだから、風邪が早く治ったという感じも個人的にはありません。

 

どちらかというとリポDに近いものという感覚があります。

 

例えば、鼻風邪を引いてる時は、鼻の奥から目の奥や脳にかけて、
変なツーンとする痛みやシュワシュワするような違和感を感じて
それが辛いという事があります。

 

もちろんこういうのは、普通の鼻炎薬やバファリン系の鎮痛剤を飲んでしまえば治まるのですが、

 

葛根湯を飲んでも割りと落ち着きます。

 

ただ、個人的には、痛みなどの苦痛が強い場合は、さっさと普通の風邪薬を飲んでしまった方がそれが治まるのは早いと思います。

 

あくまで葛根湯はリポD的な気付け剤というか、補助的な役割な感じがあり、
体に力が入らない時などは葛根湯を飲む事で、かなり普通の体調に戻ります。

 

調子が良くなるという感覚は実感できると思います。

 

風邪の間も元気な時間を増やすためにも、
通常の風邪薬と併用して飲んでいくと良いと思います。

 

ただ、漢方も相性がありますので、
自分には合わないなと思ったら服用をやめた方がいいです。

 

顆粒のものを家に常備しておいて、
「ん!?もしかして風邪ひき始めたかな?どうしよう、耳鼻科行った方がいいかな?」と迷ってる時にとりあえず葛根湯を飲んでおくと良いでしょう。

 

それで酷くならずに回復してしまえば、一番良いですからね。

よく読まれてる記事

-風邪の治し方

Copyright© 健美体・体調不良や痛み克服、肉体改造などの健康情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.