身体の痛みやだるさなど身体の異変の改善、ダイエットなど強く美しい体への肉体改造を促すための情報、サプリ紹介などを体験談、口コミを含めてお届けします。

健美体・体調不良や痛み克服、肉体改造などの健康情報局

ダイエット食事

低糖質スイーツは低糖質じゃなかった!?スーパーで買える物を比べてみた。オススメはこれ!

投稿日:

最近、薬局でこんなものを見つけました。

「低糖質でおいしいようかん」というENDOという所が出している低糖質スイーツです。
値段は1個150円位します。

 

3連プリンやゼリーなどが100円で買える事を考えると、これ1個で150円はちょっとコスト的に高いです。

さて、ではこの低糖質スイーツというジャンル、本当に低糖質なのか、
他のスイーツと比べてみましたので、
甘い物が欲しくなっちゃった時の参考にして頂ければと思います。

 

 

こんにゃくゼリーよりこっちを食べるべし!

例えば、私が大好きなスイーツにマンナンライフの蒟蒻畑があります。

ダイエットスイーツと言えば、こんにゃくゼリーと誰でも頭に浮かぶ商品だと思います。
実際にあの食感は癖になりますし、めちゃくちゃおいしいです。

 

では、そんなこんにゃくゼリーとこのようかんのカロリーを比べてみましょう。

 

マンナンライフの蒟蒻畑のぶどう味は、1つ25kcalあります。
対して、この低糖質ようかん、カロリーは1つ52kcal(抹茶なら55kcal)です。

で、先程も言ったとおり、こんにゃくゼリーは癖になるうまさがあるので、1粒でなんかやめられません。余裕で5個ぐらいは一度に食べてしまいます。

 

しかし、こんにゃくゼリー2つ食べたら、この低糖質ようかん1つと同じくらいのカロリーに達してしまいます。

 

そういう意味では、低糖質ようかんの方が1つ食べれば結構な満足感が得られるので、
ダイエット効果は高いです。

 

含まれる糖質という面でも

こんにゃくゼリーは1つ6.2g
低糖質ようかんなら9.1g(抹茶9.4g)ですから、

 

こんにゃくゼリー2つ食べると、低糖質ようかんを上回ります。

 

そういう意味で、このようかんは、ダイエット効果がかなり高いなと。。思ったのですが。。
そうでもない事実も出てきちゃいました(汗)

 

 

実は他のスイーツと変わらない!?

例えば、スーパーで売ってるコーヒーゼリー。

栄養成分表を見てみると、

なんと1個当たりたったの42kcal!クリームシロップをかけても、54kcalです。
先程の低糖質ようかんは52kcal(抹茶なら55kcal)でした。

量はほぼ一緒です。そう、変わらないんです(汗)。

 

糖質面でも、炭水化物という欄で比べてみれば、

コーヒーゼリーは10.9g
低糖質ようかんは19.4g(抹茶19.7g)

とコーヒーゼリーの方が少ないです!

 

さらに、杏仁豆腐やプリンもチェックしてみましょう。

コーヒーゼリー54kcal
低糖質ようかん52kcal(抹茶なら55kcal)
杏仁豆腐59kcal
プリン 87kcal

どれもそこまで大きな違いはないんですね~。ただやっぱりプリンは頭一つ抜けて高いです。

 

炭水化物量も

コーヒーゼリーは10.9g
低糖質ようかんは19.4g(抹茶19.7g)
杏仁豆腐 9.3g
プリン14.2g

と、杏仁豆腐が以外と低いです。

 

これらはどれも1つ食べればそれなりに満足感が得れる代物だと思います。

甘い物が欲しくて欲しくて仕方ないという時に楽しむのであれば、
プリン以外のこの3種、どれを食べても良いなと思いました。

 

ただ、コスト的な面でいうと、
3連のコーヒーゼリーや杏仁豆腐が低糖質ようかんに比べて圧倒的ですね。
逆に3連だと、3つ全部食べてしまおうという欲望が出てきて危険かもしれませんね。。

 

ちなみに低糖質ようかんの味ですが、かなりおいしいです。
普通の水ようかんと変わらない食感や甘さがありますし、抹茶味もかなりイケてます。

 

ただ、冷蔵庫に入れた場合、膨張するみたいで、
一回カバーが浮いて中身の汁が飛び出してる事がありました。

 

というわけで、例えばこの低糖質ようかんで言えば、普通の水ようかんと比べれば低糖質なのかもしれませんが、案外他の類似スイーツと変わらないカロリーでしたね。

 

とはいえ、これらの低糖質なスイーツをうまく活用して、
ダイエットの停滞期も乗り切っていきましょう!

よく読まれてる記事

-ダイエット食事
-,

Copyright© 健美体・体調不良や痛み克服、肉体改造などの健康情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.