実は激ウマ!鈴木亮平のダイエット食、千切りキャベツ納豆の効果と欠点?

映画、変態仮面の主役も務めた、マッチョ俳優の鈴木亮平さん。
役柄によって太ったり激ヤセしたりを繰り返しているため、
日本のクリスチャン・ベールだとか、カメレオン俳優とも呼ばれていますね。

そんな鈴木亮平さんが減量時に食べているとテレビなどで紹介されていたのが、
千切りキャベツ納豆!

これがなかなか万能かつ実は激ウマなので、私もダイエット中、一時期毎晩食べていました。
そこでアレンジの仕方や、実際のとこのダイエット効果のほどなどを解説していきます。

スポンサーリンク

千切りキャベツ納豆の作り方

まあ、名前のまんまなんですが、
千切りキャベツに納豆をまぜ、これだけだと味がそっけないので、
海苔を散らすといったもの。

私の場合は、これに明太子やしらす、
時にはふりかけを入れたりして食べてました。

写真のように、軽く炒めたもやしやトマトを入れても合います。

で、味が想像以上に激ウマです。
特に海苔がポイントで、海苔の味がキャベツと納豆にマッチして、
すごくおいしく、ガツガツ食べれてしまいます。

納豆の入れ過ぎに注意

このキャベツ納豆、納豆の味のおかげで、無味な千切りキャベツがすごくおいしくなるのですが、納豆の入れすぎにはちょっと注意が必要です。

たしかに納豆と言えば、ダイエット食の定番ですから、食べて良いモノなのですが、
実は納豆って結構カロリー高いんですよ。

ワンパック(50g)で100kcalあります。
なので、本気でカロリーを減らしたいという意味でこれを食べる場合、
納豆は少なめにする必要があります。

私の場合、さらに味にバリエーションを足すために、
しらすや明太子をよく入れてました。

まあ、これらも沢山入れれば、カロリーは上がりますので、どっちもどっちなんですがね。
いずれにせよ、どれもタンパク質なので、ダイエットにはオススメ食材です。

あと、ふりかけもよく愛用してましたが、
ふりかけは、ごまがかなりカロリーが高いので、なんとも言えない所です。

ごまは、ちゃんと噛砕かないと消化されないので、
まあ、ふりかけであれば、正直そんなにカロリーとして加算されないとは思いますが、
ちょっと注意です。

ダイエット効果は?

個人的な実体験から言うと、これ、すごくおいしいのですが、
なかなかお腹が膨れません。

実際、食べた後、すぐお腹がまた減ってきます。
私はよく千切りキャベツのパック2袋は食べてました。
納豆は半パックずつ使って、トータル1パック

さらにしらす、明太子、ふりかけを頻繁に入れて、
味を調整してました。

やはり難点は空腹感が満たされずらい事です。
これだけだと、いくら食べても空腹感が出るので
結局、このキャベツ納豆だけではなく、

納豆豆腐とか、味噌汁とか、サラダチキンとか
なにかしら一緒に食べないと、後々耐えられないという感じでした。

後、もう一つの難点は冷たい事。
これは、たまにレンジでチンして
ほんのり千切りキャベツを暖かくして食べていた時もありました。

おかずの一つとしては、作るのも簡単ですし、優秀なんですが、
これを主食とするのは、なかなか厳しいというのが本音でした。

お腹に溜まるカロリー低い食材としては、
やっぱり水分を多量に含んだものの方が、
腹持ちが良いですし満腹感もあるので、

そういった意味でも、
湯豆腐や冷奴などをご飯代わりにし、

デザートに無糖のヨーグルト+フルーツなんてのが
定番かなと思いました。

ただ、本当においしいんで、
ダイエット食のバリエーションに悩んでる方はぜひ試してみてくださいね。
ハマりますよ!

スポンサーリンク

よく読まれてる記事