スローコアは肩甲骨側の肩の痛み(マウス肩)にも効果あり?ストレッチポールとどっちが効く?

肩こりに悩んでいる人の中には、肩の上側が凝ると言うよりは、
肩甲骨に沿った部分が凝る、痛みが走るという人もいると思います。

私も日々のパソコンで使うマウス操作によって、マウス肩という状態になり、
肩甲骨に沿った部分に激しい痛みが出るようになりました。

また、触ってみると、とてもカチコチに固まっており、
整形外科でトリガーポイント注射を打ってコリを和らげた事もあります。

私は一時期肩掛けカバンが肩に掛けられなくなるほどの重度の肩痛、首痛に悩まされましたが、それを劇的に解消してくれたのが、スローコアピローというエクササイズ枕でした。

スポンサーリンク

スローコアピローは、肩甲骨周りの痛みやコリにも効果あり?

スローコアピローとは、肩こりや首痛を改善し、ストレートネックなどを矯正してくれるエクササイズ枕です。

この枕を首の下に敷いて寝転がり、体を揺らすスローコアエクササイズをする事によって、
首や肩のコリをほぐし、首の骨を正しい位置に矯正してくれます。

私はこのスローコアピローのおかげで、長年の肩こりや首痛の悩みから開放されました。

ただ、この枕、今話したように、基本的には、首の下に敷いて使うアイテムですから、
首周りや肩の上の方をメインにほぐす仕様になっています。

「じゃあ、背中側、つまり肩甲骨周りのコリにはやっぱり効果ないかな?」というと、案外そうでもないんです。

というのも、私のマウス肩も大幅に改善し、ほとんど痛みを感じなくなりましたし、
肩甲骨周りにコリを感じている時も、いつも通り首の下にスローコアを敷いてエクササイズすると、ちゃんと肩甲骨周りも不思議なほどにほぐれてます。

最近はジムでウェイトトレーニングもしているのですが、
肩や背中周りのトレーニングをして帰ってくると、筋肉がぎゅっと緊張しているのか、肩甲骨周りや僧帽筋周辺に肩こりと同じような痛みに襲われる事がよくあります。

そんな時もやはり横になってスローコアエクササイズをすると、驚くほど緊張がほぐれ、肩がすっと下におり、痛みがスーーッと引いていき、元の生活に戻れます。

ストレッチポールの方が良くない?

背中や肩甲骨周りをほぐすアイテムと言えば、ストレッチポール(ヨガポール)を思い浮かべる人も少なくないでしょう。私も持ってます。

スローコアピローを買うよりもだいぶ前に買いました。

確かにストレッチポールは、肩甲骨剥がしのような感じで、肩甲骨周りの筋肉を伸ばすにはうってつけのアイテムだと私も思います。

しかし、私は現在、ストレッチポールはほとんど使わず、ジムから帰ってきたら、スローコアピローで体をほぐしています。

なんでかというと、ストレッチポールを含めたストレッチというのは、
イメージ的には無理やり伸ばすイメージなんですね。

ギューーっと引っ張って、固まってる部分を無理に伸ばしていくイメージです。

逆にスローコアピローの場合は、伸ばすというより、ほぐすイメージなんです。

これ、スローコアの教本にも書いてあるのですが、

スローコアエクササイズは、痛みや不具合の元となるインナーマッスルの異常緊張を解消させる筋弛緩トレーニングです。

日本予防トレーニング協会 スローコアエクササイズ

という事で、ロック状態にある固まった筋肉を脱力させて、自然と緩ませるのがスローコアエクササイズの特徴なんです。

いわゆるストレッチはそうではなく、無理やり引っ張って伸ばすので、やり方が間違っていたり、やりすぎたりすると、逆に筋を痛めてしまうわけです。

実際、私も整形外科で診てもらった時に、

私「あの~、ジムでウェイトとかやって肩周りの筋肉を鍛えるのとかはやって大丈夫ですか?」

医師「はい。それは構わないですけど、あんまり肩の筋を引っ張るような事はやらないでください。無理なストレッチとかすると逆に痛めてしまう可能性があるので」

と言われ、当時はストレッチポールで痛い肩甲骨部分をぐりぐりと何度も入念に伸ばしていたので、

「あれ、もしかして逆効果なのかな(汗)」と不安になりやめました。

実際、ストレッチポールは一時的には気持ち良いのですが、
根本的な痛みの解消にはつながりませんでしたので。(まあ私の使い方が良くなかっただけかもしれませんが)

それが、スローコアピローを使った基礎エクササイズを1日5分ちょっと、1回をやるだけで、痛みがスーーーっとひいて、肩が楽になるので、毎日続けていると、肩甲骨周りのピキピキという痛みも出なくなりました。

まあ、実際に痛みがほとんど出なくなるまでには、半年くらいはかかった印象はあります。
毎日スローコアエクササイズを続けた事によって、徐々に矯正されて回復していった印象です。

続けていくうちに日に日に痛みやコリが出づらくなっていった印象です。

最近は、マウス肩にまたならないように、パソコンを使う時の姿勢なども気を付けているので、

肩甲骨周りの痛みというのはほぼ無くなり、今はカバンを背負っても痛みが出たりする事はなくなりました。

一時は、肩に空っぽのカバンすら背負えないほどの激痛が出て、歩くだけで肩に痛みが走る状態にまでなったので、本当にすごい回復したなと驚いています。

また、肩が凝った時は今もスローコアピローを使いますが、
やはり5分のエクササイズをして立ち上がると、肩甲骨周りを含めた肩全体が元通りにほぐれているので、スローコアピローは肩甲骨周りにも効果がしっかりでるなと感じています。

ちなみに、もっと下の背中だとか、腰痛にはさすがに効果は感じないと思います。
あくまで首と肩を緩め、ストレートネックを矯正して首を正しい位置に戻すアイテムだと認識しています。

最近はトリガーポイントという筋肉を自然と緩める整体も流行っていますが、
同じように自然と筋肉を緩めさせるのがスローコアピローのエクササイズなので、

肩甲骨周りの痛み、マウス肩などで悩んでいる方にも、ぜひスローコアピローを手に取って頂き、痛みを開放する手段というのをいつも手元に持っておくというのが良いと思います。

確かに整体やカイロプラクティックなどに通うのもアリだとは思うのですが、
いかんせん、保険が効かなかったりで、毎週、毎月の出費がとても大きくなりますし、


値段の割には効果も一時的でなかなか改善しなかったりしますもんね。

私もスローコアピローを買ってからは、
まったく整形外科やカイロプラクティック、整体などに行く事は無くなりました。
それまでは、整形外科で毎週点滴を打ったり、痛み止めをもらったりしていたので、

そういった毎月の出費がなくなりました。

スローコアピローも若干高いなと買う時は感じましたし、値段を見て買うのをやめようか迷いましたが、

今思うと、整形外科やカイロプラクティックの毎月のコストがなくなった事によって、
あっという間にスローコアピローの代金は回収してしまったなと。

毎月の出費はむしろ大幅に減ったので、スローコアエクササイズには本当に感謝しています。
なにより痛みがなくなって普通に生活できる、デスクワークも苦なく出来るようになった事が一番うれしいですね。

スローコアの公式サイトです。

スローコアピローの効果が信じられない。本当に肩こりや首痛などに効果があるの?と感じて購入を迷っている方は、私の体験記もぜひ読んでみてくださいね。

首痛、肩こり+頭痛が5分で治まる!ストレッチポールより効果絶大の某枕が手放せない!
首痛、肩こり+頭痛が5分で治まる!ストレッチポールより効果絶大の某枕が手放せない!
私は15年ほど前からの首痛持ちです。 10代の頃からもともと猫背で、それが原因でストレートネックになり、 整体で木槌で背骨と首の骨をコ...

スポンサーリンク

よく読まれてる記事