AGA治療を受ける前の基礎知識。AGA治療でボラれないようにするために。

最近、大人気のAGA治療院。
実際に私もAGAクリニックで治療を受けて、ハゲが驚くほどに治りました。

しかし、AGA治療はそれなりにお金がかかります。
料金は、ハゲの進行具合や、クリニックによってまちまちですが、
平均月2~3万位と考えると良いです。最安値では月4000円程度から始める事も可能です。

ただ、治療院によっては、
やたら高いコースを勧めてきたりする所も一部あるようです。

というわけで、そういった所で騙されないためにも、
AGAクリニックへ無料カウンセリングに行く前の
心の準備の仕方と基礎知識を身に付けておきましょう。

スポンサーリンク

AGAクリニックでの治療とは?

AGAクリニックでは「薄毛治療」という言葉が使われますが、
実際の所、治療というほどの事をする事は少ないです。

ほとんどが、毎月飲み薬や塗り薬を渡されて終了です。

そう、AGA治療というのは、毛が生える薬を毎日飲み続ける治療がメインなのです。

AGA治療で使われる薬の種類

AGAクリニックで出される薬は、基本的にはどこも一緒です。

  • フィナステリド(プロペシア)
  • デュタステリド(ザガーロ)
  • ミノキシジル

この3つの成分のどれかが入った薬を処方されます。

各治療院では、微妙に薬の呼び名が違いますが、
主成分は上の3つの薬です。

フィナステリド(プロペシア)と
デュタステリド(ザガーロ)はほぼ同じ効果の薬ですが、
デュタステリド(ザガーロ)の方が効果が1.6倍あるという実験結果があります。

デュタステリド(ザガーロ)の方が新しく開発された薬ですので、
その分、フィナステリド(プロペシア)より若干料金が高い傾向にあります。

このフィナステリド、デュタステリドの2つは
男性型脱毛症の原因と言われる、悪玉男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害する効果があります。

この悪玉男性ホルモンDHTを生成させない事で、広がる薄毛を止め、発毛サイクルをリセットし、ハゲた部分にも新しい髪がまた生えてくる状態を作り出します。

また、ミノキシジルは、発毛や育毛を促進する薬です。
一部市販の育毛剤にも最近は取り入れられてます。

血管拡張作用もあるので、頭皮の毛細血管を拡張させ、
髪に栄養をより多く送り、髪の発育を促進します。

医院による処方の仕方の違い

例えば、AGAスキンクリニックという治療院では「Rebirth」というオリジナル薬を使用していますが、これも主成分は上記のフィナステリドとミノキシジルです。

それに独自のビタミンなどを混ぜて作った薬を処方しているという事です。

製薬会社が出しているフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルを
そのまま処方している医院もあれば、
ビタミンや亜鉛などを独自調合して出している医院も多々あります。

どちらが優れているかは、なんとも言えない所です。

フィナステリドだけで十分生えてきたという人もいれば、
ビタミンを混ぜてある薬の方がしっかり生えるという人もいますし、
別にビタミンや亜鉛は自分でサプリで摂った方が安上がりだから意味ないという人もいます。

また、一番大事なのは、フィナステリドかデュタステリドです。
ミノキシジルは補助的な薬なので、処方してない医院もありますし、
ミノキシジルを内服薬(錠剤)として処方する医院もあれば、外用薬(塗り薬)として処方する医院もあります。

かかる料金はこの組み合わせによる部分が大きい

AGAクリニックでかかる料金は、上記の組み合わせによる部分が大きいです。

例えば、一番安いのは、ジェネリック医薬品のフィナステリドのみを処方してくれるクリニックです。

元々フィナステリドは、
アメリカのメルク社がプロペシアという名前で出した薬です。

現在では、ファイザー社を始め、他にもより価格が安いジェネリック医薬品として
サワイ社、トーワ社などからも出ています。

そういったジェネリックのフィナステリドを処方してもらう事が一番安上がりです。

逆にビタミンなどオリジナルで調合している医院の薬ほど高いです。
ただ、オリジナルで調合している医院の方が知識が豊富という側面もあります。

実際、本当はフィナステリド単体で売れば良い所をわざわざ独自調合する理由は、
過去の患者さんに投与した薬の調合を見ながら、どの配分が一番早く発毛するかを
長年研究してきた結果から、調合割合を調整しているわけですから、

それだけ研究熱心で、結果も出やすいとも言えます。

継続か、即効性か、料金か、あなたの求めるもので決める。

AGA治療で発毛するために大事な成分をランク付けすると、

1位 デュタステリド(ザガーロ)
2位 フィナステリド(プロペシア)
3位 ミノキシジル (内服薬)
4位 ミノキシジル (外用薬)
5位 ビタミン、亜鉛など

という事になります。

もちろん、これ以外にも、頭皮に注射器のようなもので成分を直接注入して、
効果を最大化するメソセラピー、HARG療法、血管拡張ガス療法などがありますが、
これらはいずれも1回の治療が非常に高額です。

そして、高額な料金を払ったわりに、目に見えて効果を実感したという意見が
マチマチなのもなんとも言えない所です。

それを踏まえて、AGA治療院を選ぶ上で大事なのは、
まずどの治療法を取り入れていくかです。

AGA治療は、長年やっていく覚悟が必要です。
どんなに短くても半年はやる必要があります。

というのも、効果が出始めるのが、どんなに早くても3ヶ月目だからです。

むしろ1、2ヶ月目は、発毛サイクルリセット、初期脱毛という
抜け毛が増える現象が現れます。

なので、効果を実感するまでに最低でも半年。
そして1年、2年と治療を続けていく覚悟が必要です。

下記の記事も参考にしてください

AGAクリニックって何ヶ月通い続ければいいの?いつ辞められるのかについて
私もAGAクリニックに月1回ペースで通い始めて半年経ちました。 すっかりハゲていた頭頂部とM字後退部分にも、髪が生えてきて、 ...

なので、ゆっくりでいいから、長年続ける覚悟で薄毛を改善していきたいのであれば、
一番安いジェネリックのフィナステリドだけを毎日1錠飲み続けるだけの治療でも良いわけです。

それが一番安価で、かつ効果も徐々に実感していけます。

しかし、なかなか目に見える効果を実感できないと、
途中で「やっぱり効果ないじゃん」と止めてしまう可能性を考えると、
より発毛育毛スピードを上げるためにも、いくつかの薬を合わせていく必要が出てきます。

AGAクリニック側も自分の医院の評判を落とさないために、
より発毛速度が早い方法を勧めてくる傾向にあります。

いくら一番安い方法を勧めても、効果がなかなか出なかったら、
結局「あそこの治療では効果が出なかった。オススメしない」と口コミされてしまいますから。

例えば私自身は、ビタミン、亜鉛が調合されたフィナステリド錠とミノキシジル錠を
毎日1錠づつ服用する治療を続けてきた所、

3ヶ月目からハゲていた部分にも毛が生えだし、
6ヶ月目にはしっかりハゲ部分が埋まっていきました。

より効果を促進するために、クリニックによってはミノキシジルの飲み薬だけではなく、
塗り薬を合わせて勧めてくる医院もありますし、

先程話した高額なメソセラピーなどを同時にオファーしてくる医院もあります。

個人的な見解で言うと、塗り薬は、匂いやベタつきなどが気になったり、
いちいち毎回付けるのが面倒で続かないという側面があるので、あまりオススメしません。

あなた自身が過去、市販の育毛剤などを毎日欠かさず続けてこれたタイプの人であるのなら、
ミノキシジル外用薬を合わせても良いと思いますが、そうでない場合は、面倒で嫌になってしまうだけだと思います。

なので、基本的には飲み薬だけで進めていく事を推奨してくれるAGAクリニックで治療を受ける事が、精神的にも料金的にも楽だと感じます。

塗り薬を薦められても、「飲み薬だけで続けられませんか?」と相談してみれば、大抵は聞き入れてくれます。

逆にすごくハゲてしまっていて、一刻も早くまずは密度を上げたい、お金はいくらでも出すというのであれば、メソセラピー、HARG治療、血管拡張ガスなど、頭皮に直接注入する治療も合わせると効果は出やすいでしょう。

また、現在は、新薬のデュタステリド(ザガーロ)の方が、効果が1.6倍あるという実験結果もありますから、フィナステリド(プロペシア)より、デュタステリド(ザガーロ)を処方してもらうのも手です。料金には数百円~千円程度の差ですから、

その金額が気にならないのであれば、
デュタステリド(ザガーロ)を処方してもらいましょう。

無料カウンセリングで見極める

ネットの口コミなどを参考にする事も良いですが、
年々治療院が増えてきている事で、
過去の口コミとは違う治療薬や料金体勢を取り入れている医院もありますし、

ハゲ方によって、勧められる治療法も違ってきます。

ただ、大事な事は、こちらの料金に対する不安を考えずに
やたら料金が高いプランを押してくるようなクリニックでは絶対にすぐに決めない事です。

良心的なクリニックであれば、
せいぜい月2、3万を超えるようなプランを突然勧めてきたりはしません。

まずは、無料カウンセリングで、

  • どの薬を使った治療を勧めてくるのか?
  • どうしてその治療を勧めるのか?
  • 料金は具体的に毎月いくらかかるのか?

をしっかり聞いておく事です。

もし、「先に半年分の料金をまとめて払ってしまうキャンペーンを使えば、毎月料金を払うより30%ほどお得です」のような先払いプランのようなものを提示された場合は、

  • 途中解約できるのか?
  • その場合返金されるのか?
  • 解約手数料はかかるのか?
  • 自動更新されたりしないか?

などの解約時の事をしっかりと聞いておきましょう。

後で「やっぱこの治療院合わないから、辞めたいな」と思った時のために非常に大事な事です。

AGA治療は必ず長期になりますから、毎月かかる費用というのは、すごく重要な事です。
なので選ぶ際は、ちゃんと料金がウェブサイトなどに明瞭に表示されている所、
無料カウンセリングでも明瞭な見積もりを出してくれる所を選ぶ事が大事です。

明瞭な料金が提示できないという事は、
後から話に聞いてない治療を持ち出してきて、
料金を積み増ししてくる可能性があります。
そんな詐欺まがいの医院では絶対に治療を受けないようにしましょう。

無料カウンセリングでの断り方

基本的には、どこの無料カウンセリングも、無理な押し売りはしてきません。

実際に私が無料カウンセリングを受けた時も
「今日はこれでお帰り頂いても結構ですし、もし治療をこのまま受けたいようであれば、この後受ける事も可能です」といった具合で、まったく無理に押してくる感じではありませんでした。

ただ、医院によっては、客を取るために、言葉巧みにキャンペーンなどを用いて、
その場で契約してもらおうと、必死な売り込みをかけてくる事もありえます。

そういった所で、絶対に契約しないためにも、行く前から強気の気持ちを作っておきましょう。その方法を教えるので、これで気弱な人でも安心して無料カウンセリングに行けます。

1. 無料カウンセリング申込時に先に言っておく

無料カウンセリングを申し込む時に、先に「無料カウンセリングの流れを教えてください。もちろん無料カウンセリングだけ受けて治療を申し込まずに帰っても良いんですよね?お金はその時点では一切かかりませんよね?」と念を教えておきましょう。

そうすれば、後で売り込みをかけられても、「家に帰って家族と相談してから考えます」とだけ言って帰れば良いだけです。

2. 自分が上の立場であると自覚する。

気の弱い人は「無料でここまでサービスしてもらったのに、このまま帰るのは悪いなぁ」なんて思ってしまう人がいますが、それは間違いです。

無料カウンセリング、「無料」と謳っている以上、お金を取るような行為をしてはいけません。それで契約しなければならないのであれば、それは詐欺です。無料でお試しできないのであれば、それは無料カウンセリングと名乗ってはいけません。

向こうもお客さんに自分のクリニックの良さを知ってもらうために、そういった場を設けているのですから、気を使う必要は一切ありません。

なので、無料カウンセリング時点で「合わない」「料金が高すぎる」「話が違う」と感じたら、堂々と帰ってください。別に話の途中で帰ったって問題ありません。

「やっぱちょっと料金が思ったより高いんで、考えさせてもらいます」
「帰って家族と相談してから決めます」
「まだちょっとここでは決められないので、一旦帰ってから考えます」
「今日はあくまで無料カウンセリングだけ試しに受けにきたので、これで帰ります」
「この後、用があるので、今日はこれで帰ります。」

などと言って、堂々と席を立ちましょう。

相手が「今日中に契約すれば割引価格にします」などのようなオファーをしてきた場合は
それこそ怪しいのでやめておきましょう。明らかにお金目当てな感じがしますよね。

自分の医院の治療に自信がある所は、無理な契約を迫ってきたりはしません。
なぜなら口コミだけで客は集まるからです。

あくまで無料カウンセリングを受けにきた、無料だから来たのですから、
相手に気を使わず、納得いかない部分がちょっとでもあるのであれば、堂々と断って帰ってください。

むしろそこで無理に契約を迫ってきたら、「話が違います。無料カウンセリングですよね?おかしいですよね?」と言って警察を呼んでも良いくらいです。

常に上の立場で堂々と相手と接してください。一ミリたりとも「無料カウンセリングをやってくださったから、お礼としてここで受けよう」なんて思わないでくださいね。

しっかりと無料カウンセリングで話を聞いて、明瞭な費用を出してもらい、
冷静な気持ちでどこにするか決めましょう。

基本的には、決め手は、ウェブサイトに書かれている事と、
実際に無料カウンセリングで提示された金額が近い所が良いと思います。

ウェブサイトには「3000円から治療を受けられます」と書いてあるのに、
実際に無料カウンセリングを受けたら「5万円のコースを受けないと発毛が見込めません」なんていうのは、正直おかしいわけです。だったら、最初からウェブサイトにそう書いておくべきですよね?

そういうあまり誠実さが見られない所では受けない方が良いと言えます。

正規ルートで薬を輸入してる医院かをチェック。

AGA治療薬は基本的には輸入品です。
最近では、ジェネリックは国内の薬品会社でも作ってますが、
基本海外の製薬会社から輸入されてきます。

しかし、場合によっては、東南アジアなどから安く並行輸入している可能性もあります。
もちろん、それが本物なら問題なのですが、ニセ薬や品質が悪いものが混ざっている可能性があるから厄介なのです。

そこで、正規ルートで薬を輸入してないAGA医院では、どんなに安くても治療は受けるべきではないと言えます。せっかく高いお金を出すわけですから、ちゃんと効果が100%期待できる所で治療を受けるべきです。

例えば、ザガーロ(デュタステリド)を正規ルートで輸入しているクリニックはGSK発毛ウェブの検索や地図上に表示されます。

ザガーロ(デュタステリド)を取り扱っているのに、出てこない場合は怪しいです。
そういったAGAクリニックで受診するのはやめましょう。

AGAクリニック選びで失敗しないためのまとめ

1、料金重視、発毛スピード重視、継続重視、など何を重視するのか考える。
2、実際に自分の要望にあった治療、料金体型のクリニックを探してみる。
3、ザガーロ目当ての場合、GSK発毛ウェブで出てくるクリニックなのかもチェック。
4、無料カウンセリングを受けてみる。商売優先っぽい所では即決しない。

といった、部分に注意しながら、AGAクリニックを選んでみてください。

最後に、
一度治療を始めたら、半年は最低でも同じ場所で治療を続けましょう。
効果をちゃんと実感できるかどうかは、半年は経たないと分かりません。

最初の1、2ヶ月は初期脱毛でむしろ抜け毛が増えます。
なので、そこでやめては絶対にいけません。

それを辛抱して、3ヶ月、4ヶ月と続けていくと、
段々と効果が目に見えてきます。

そして5ヶ月、6ヶ月と徐々に本格的に太い毛が生え始めます。

なので、3ヶ月程度でやめてしまっては、
効果があったのかなんて分かりません。

だからこそ、自分が半年以上続けていけそうな料金体系や、
薬の処方をしてくれる所を選ぶ事が大切です。

AGA治療は効果が出ます。市販の育毛剤やスカルプシャンプーのようなものとは違い、
医療ですから、ちゃんと受ければ結果は出ます。

なので、ハゲに悩んでいるのであれば、ぜひAGA治療を今すぐ始めてくださいね。

スポンサーリンク




健美体メインサイトの新着記事