タバコはハゲるは本当?AGA治療薬すら効かなくなる危険性も。

最近自分もハゲてきた気がするが、
そのハゲの原因はたばこにもあるのではないだろうか?

そう考えて禁煙を考えている人もいると思います。

もし、ハゲが進行しているのであれば、
タバコは間違いなくやめた方が良いです。

下手したら、AGA治療薬も効かないなんて状態にもなりかねませんので。
そうなる前にハゲたくなければタバコをやめましょう!

スポンサーリンク

タバコ=血管=ハゲ

タバコの害でもっとも有名なのは、肺がんもそうですが、
動脈硬化による脳卒中、心筋梗塞などの症状だと思います。

まず、髪が生えなくなる原因ですが、
血管が大きく関わっています。

髪が簡単に抜けてしまったりする原因は
血液から毛根に正しく栄養が供給されてないからという理由があります。

もちろん、AGA男性型脱毛症の原因である、
DHT(ジヒドロテストステロン)の増加も
ハゲる理由なのですが、

それを抑えるAGA治療薬を飲んだ時に、
毛根まで有効成分を届けるのは毛細血管です。

タバコは血管の壁を厚く固くして、動脈硬化を促します。
また肺を汚す事で、血液への酸素供給量も減り、全身の細胞が不活性化されていきます。

もちろんそれは、頭皮の毛細血管が死に減っていく事にもなりますし、
栄養も毛根まで行かなくなる原因になるのです。

なので、髪が育たなくなり、細く抜けやすくなる原因にもちろんなりますし、
これにAGAの要因が重ねれば、どんどん髪は生えなくなり、ハゲが一気に広がっていきます。

しかも、本来内服薬で治るはずのAGAですが、
血管が死んでいれば死んでいるほど、頭皮までAGAの成分が運ばれませんから
効果が出にくくなります。

AGA治療薬、特にミノキシジルなどは、
多少の血管拡張効果もありますが、
それでもタバコを吸っていれば、その効果は半減すると言って良いです。

タバコをやめれば、血管は復活できる

「あー、人生終わったー。もうハゲ治らないんだ~」と思ったあなた。

いえ、タバコをちゃんとやめて、規則正しい生活をしていれば、
血管は再生していきます。

ハゲを治したいのであれば、まずはタバコをやめて、
頭皮にしっかり栄養が届く状態を作る事です。

市販の育毛剤も育毛シャンプーの類も、使うだけ無駄です。
頭皮マッサージも無駄無駄無駄!

そんな大した効果も出ないものを神に祈るように使いながら、
タバコを吸ってたのでは、ハゲは治る事はありません。

まずはタバコをやめ、AGA治療をしてくれるクリニックに行く事が大切です。

通常、AGAクリニックに行くと、
どこもメインはプロペシア(フィナステリド)、ミノキシジルなどの
内服薬を飲んで治すという治療です。

ただ、タバコを吸ってるあなたは、頭皮の毛細血管ががっつり死んでしまっている可能性もあります。

たとえば、恵比寿美容クリニックというAGA治療院では
血管拡張ガスというのを頭皮に注入して、頭皮の毛細血管への血流を復活させ、
再発毛させるという方法を使っています。

画像は恵比寿美容クリニックのウェブサイトより引用

こういった医院を選ぶのも得策ですし、
他のAGA医院の治療で半年経っても全く効果を感じられない場合は、
上記のような医院の治療を受ける事も考えた方が良いです。

タバコは百害あって一利なしです。

ハゲて、口臭も最悪、歯も黄色になるタバコにモテ要素なんてありません。
非モテ化が進むだけではなく、
最後は肺がんや脳梗塞で苦しんで死亡なんて、そんなの絶対嫌ですよね?

少なくとも、ハゲ、抜け毛、薄毛という症状に直面していて、
今タバコを吸っているのであれば、真っ先にまずはタバコをやめる事が大切です。

スポンサーリンク




健美体メインサイトの新着記事