ワックスや整髪料はハゲるのか?再び生えてこない人は要注意!

私も昔はよくワックスなどの整髪料を使っていましたが、
ハゲ始めてからは、ハゲ悪化の原因になるのではと思って使わなくなりました。

でも、そもそもワックス、ヘアスプレーなどの整髪料はハゲの原因になるのでしょうか。
その辺の本当の所をお話ししていきます。

スポンサーリンク

本来は問題なし。。だが。。

アナウンサーの鈴木史朗さんは、夜髪を洗った後、整髪料で髪をしっかりセットしてから寝るそうです。それを何十年も続けてるのに、まったくハゲていません。

タモリさんも同様で、長年オールバックに固めてるのに、ハゲていませんよね。

つまり、整髪料は直接的なハゲの原因にはならないというのが正しいです。

別にワックスやスプレーを使ったからと言って、
その成分によって、抜け毛が促進するという事はないと言えます。

しかし、別の要因で抜けてしまう可能性は否めません。

私もワックスを使っていた時、よく頭皮が引っ張られてる感じがして、
毎日使っていると、ちょっと痛いと感じる事もありました。

髪の毛は引っぱれば抜けます。

実際、プロレスラーの方々も、よく相手に髪の毛を掴まれて持ち上げられるので、
その部分がハゲてしまっている方も多いです。

つまり、成分的なダメージというよりは、引っ張られて抜けたり切れたりしてしまうというイメージですね。

もちろんパリパリに毎日固めていれば、髪も痛むでしょう。
髪が痛めば、切れ毛の原因にもなります。

髪を洗う時も、指がうまく通りませんから、指に引っかかって沢山切れたり抜けたりしてしまうこともあります。それを繰り返せば一部分がハゲてしまうのも分かります。

特に後頭部や側頭部に比べて、頭頂部の髪や前髪は長めですから、
洗髪中に引っかかって抜けてしまう確率は上がります。

なので、引っ張られるような感覚が出ない程度にワックスなどの整髪料を使う分には
良いと感じます。

人それぞれ生まれつき髪の太さや強度、抜けやすさも違いますから、
剛毛で抜けにくい髪の方なら整髪料は問題ないでしょうし、

逆に普段から抜け毛が多いのであれば、引っ張られるような感覚が出るほど
根本から固めるような事はしない事をおすすめします。

抜け毛の原因は整髪料による頭皮環境悪化とはあまり関係ない!?

確かに整髪料も頭皮に付けっぱなしにしていたら、
あまり皮膚に良いものでないのは、間違いないと思います。

なので、頭皮に付かないように整髪料を付けるというのも、
確かに多少のハゲ防止にはなると思います。

ただ、私の経験からいうと、
それが原因で生えてこなくなるというのはまた違うと感じています。

例えば、私は皮膚アレルギーを持っていて、
時々アトピー状のものが身体のあちこちに出ますが、

じゃあその部分には体毛が生えなくなるかというと、
そんな事ないんですね。外の皮膚がカチカチボロボロだろうが
ちゃんと毛穴から毛が生えてきて、引っ張っても簡単には抜けません。

そして、もし整髪料の成分が問題でハゲるなら、
なぜつむじ周りの頭頂部や前髪生え際の前頭部なのでしょう?

ワックスを後頭部や側頭部にも付けてるのに、
ハゲるのは頭頂部や前頭部だけです。

そう考えると、あまりワックスなどの整髪料の成分が
頭皮にダメージを与えてハゲるというのは、関係ない事が分かります。

鈴木史朗さんのように、常時付けててもハゲない人だっているのですから。

ワックスやスプレーなどの整髪料を使い続けてハゲたという場合、
先程も話した通り、単純に引っ張られて抜けまくってしまった可能性があります。

ただ、その場合は、一度使うのをやめれば、3ヶ月後ぐらい後には
新しい髪が生えてきて、ハゲも治っていくはずです。

体毛や眉毛を根本から抜いても、また生えてくるように、
髪も抜けてしまってもまた生えてきます。

しかし、これが3ヶ月経っても生えてこない、
半年経っても見た目が変わらないとなると、AGAを疑った方が良いです。

実は整髪料でハゲたのではなく、
男性型脱毛症を発症してハゲた可能性が出てきます。

AGA男性型脱毛症は、男性ホルモンバランスの崩れで起こります。
良性の男性ホルモンであるテストステロンに、毛乳頭にある5αリダクターゼという酵素が合体する事によって、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化します。

このジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンが抜け毛、そして再発毛しなくなる原因と言われています。

加齢や遺伝、乱れた生活などによって、
ジヒドロテストステロンが沢山出始めてしまうと
ハゲ始めてしまいます。

そして、AGAが原因で一度ハゲてしまうと、
頭皮マッサージをしたり、市販の育毛剤、スカルプケアシャンプーで
綺麗に頭皮を保っても、まず生えてきません。

こうなってしまったら、ハゲが進行して大きくなる前に
急いでAGA医院に行くべきです。
AGA医院ではどこも無料カウンセリングを最初にやってますから、

そこで、自分はAGAなのか、治るのか、どんな治療をどれくらいの期間行っていくのか、
料金はいくらかかるのかなど、見積もりを出してもらい、

それでご自身が納得いけば、そこで治療を受けていきます。
納得行かなければ、そのまま帰って別の医院でまた無料カウンセリングを受けましょう。

私自身もAGA治療(毎日飲み薬を飲むだけ)を受けた所、
3ヶ月後からハゲた部分に髪が生え始め、
半年後にはすっかりハゲが見えなくなるほどに髪が生えてきました。

特につむじ周りだけハゲてくる、M字型に後退していくといったハゲ方をしている人は
AGAを発症した可能性が極めて高いので、進行する前にAGA医院で薬を処方してもらって、
ハゲを一秒でも早く治して、自信を取り戻してくださいね。

というわけで、私の結論としましては、ワックスやスプレーなどの整髪料は成分が直接ハゲる原因になっているというよりは、引っ張られる事がハゲにつながっているという結論です。

髪は本来抜けても生えてきますから、生え戻らないどころか、ハゲが広がっているのであれば、AGAの確率が非常に高いので、取り返しが付かないほどハゲる前にAGAクリニックに駆け込んでくださいね。

最近はAGAクリニックも増えて、価格競争が起こっています。
使っているAGA処方薬はどこもほぼ同じなので、
選ぶなら極力毎月安く済む所を選んだ方が良いです。

スポンサーリンク




健美体メインサイトの新着記事