プロペシア、フィナステリド服用で初期脱毛は起こるのか?実体験を話します。

AGA医院で処方される薬のフィナステリド(プロペシア)。
発毛効果は医学的にも証明されてますし、

私自身も3ヶ月目当たりからしっかり生えてきて、半年後には
見た目が大きく変わりました。

M字ハゲはAGA治療では治らない!?私は感動するほど治りました(写真付き)。
私は現在36歳ですが、20代の頃から徐々にM字後退に悩んでいました。 どうも髪型が決まらず、散髪時に前髪をすくと、やたらM字部分が透け...

さて、そんな素晴らしきAGA治療薬ですが、
初期脱毛という、逆に抜ける減少が薬を飲み始めた時に起こる人がいます。

実は私も初期脱毛がありました。
実際の所、どれくらい抜けるのかについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

確かに初期脱毛は起きた

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルというAGA処方薬を飲み始めて、
3週間ぐらい経った当たりです。

トイレや脱衣場で、やたら髪の毛が落ちてるのを見かけるようになりました。

うちは妻の抜け毛がすごく、いつも長い毛がそこらじゅうに落ちていて、
「お前掃除しろよ!」といつも注意していたのですが、

その長い毛にまぎれて、やたら短い毛も最近落ちてる事に気付き始めたのです。
そう、初期脱毛という現象が始まってるんだなとヒシヒシと感じました。

ただ、じゃあその後、見た目に変化が起きたか?もっとハゲたかというと
実は全然自分の場合はそんな事ありませんでした。

確かに抜け毛は増えましたけど、
ハゲてる部分から抜けてるというよりは、頭全体からパラパラと落ちてる感じだったので
ハゲ範囲が広がったとかそういう印象はなかったです。

また、お風呂の排水口にかかってる髪の量も、
そんなに変わりませんでした。

若干増えたかも!?くらいのものです。

そして、そんな感じの事が、1,2ヶ月目では続き、
3ヶ月目になると、ハゲていた部分に新しい髪の毛が生え始めました。

この頃になると、抜け毛がそこらじゅうに落ちてるという事も
また減ってきました。

その後は順調に抜け毛が減り、そしてハゲていた部分にしっかりと髪が生えてきました。

初期脱毛は発毛サイクルのリセット

初期脱毛は、狂っていた発毛サイクルのリセットのために起こると言われています。

ただ、じゃあ、冬の木のように、全部葉が落ちるのかというと、そういうわけでもなく、
単純に狂っていた奴や、もうすぐ抜ける弱ってた奴が抜けたのだと思います。

そして、新しい元気な髪が生まれ変わって一斉に生えてくるというわけです。

初期脱毛も個人差があるので、なんとも言えませんが、
少なくとも私の場合は、初期脱毛で見た目が変わるという事はありませんでした。

ただ、初期脱毛を恐れて、1,2ヶ月でフィナステリド(プロペシア)やミノキシジルなどのAGA治療薬の服用をやめてしまうのは、本当にもったえないです。

実際私も3ヶ月目から劇的に生えてきましたから。

「この薬全然効かないどころか抜け毛増えてるじゃん!怖!やめよう!」ってそこでならないで、飲み続ける事がすごく大事です。

その最初の2ヶ月ほどの恐怖を乗り越えれば、ここからはもう生えるしかないので。
信じてやっぱり半年は飲み続けると発毛効果を実感して「AGA治療やってよかった!!」と発毛するという感動を味わえるはずです。

PS. 基本的には大抵のAGAクリニックは、
私が飲んでいるフィナステリド(プロペシア)、ミノキシジルをメインに処方しています。

そういう意味では、高い医院も安い医院もあまり変わりないです。

無料カウンセリングで、どういう薬を処方するのか、自分には効果が出そうか、そしてその根拠などをしっかり聞いて、それで納得した所で治療を受けると良いですよ。

スポンサーリンク




健美体メインサイトの新着記事