ハゲは遺伝する?遺伝に対抗してハゲないための対策は?

「ハゲは遺伝する」よく聞く意見だと思いますが、
私もこれは事実だと考えています。

多くの医学的見地でもハゲは遺伝すると言われていますし、
私もそれを実感しているからです。

ここでは、ハゲは遺伝するの根拠や、対策について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

やっぱりハゲは遺伝する

まず髪質を考えてみて欲しいのですが、

天然パーマや縮毛の人、癖っ毛の人、サラサラストレートの人、剛毛でまとまらない人、髪の色がややちゃっこい人などなど、生まれつき髪質は人それぞれですよね?

その性質は多くの場合、親や祖先から受け継いでいると思います。
癖っ毛の人は親も癖っ毛だった、おじいちゃんも癖っ毛だった、みたいな事が多いと思うんです。

つまり髪質は遺伝するわけです。犬や猫も見事に両親の毛の色を遺伝しますよね。

それを考えると、ハゲも遺伝すると考えて間違いないと思われます。
毛根の性質も受け継いでいるわけですから。

このサイトや他のブログなどでも散々説明されてきてますが、
多くのハゲ(男性脱毛症)の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンです。

男性は筋トレなどをすると、身体を男らしくするホルモンであるテストステロンが分泌されます。

しかし、このテストステロンが毛根にある5αリダクターゼという酵素と結合してしまうと、ハゲる原因であるジヒドロテストステロンに変化してしまいます。

筋トレでハゲるは本当?取り返しが付かなくなる前に予防線を!
時々、「筋トレするとハゲる」「マッチョはハゲる」なんていう噂を聞いたりしますよね。 確かに、ハリウッド俳優などで、マッチョ俳優...

なので、自分の父親やおじいちゃんなどが体質的に5αリダクターゼが毛根に多い体質だったり、ジヒドロテストステロンに変容しやすい体質だったりして、それが自分にも遺伝してしまっている場合、自分もその性質がある日発現した時にハゲ始めると考えられます。

私の父もハゲでした。

私もAGAを経験し、AGA治療薬でハゲが劇的に改善した一人ですが、
そんな私の父も30過ぎた辺りから徐々にハゲていき、今では典型的なハゲたおっさんです。

ちなみに父の兄弟は、今でも父に比べるとかなりフサフサです。
ただ祖父も正直ややハゲていました。

どれくらい親や祖先の影響を受けるかは人それぞれだと思いますが、
やはり自分も父親や祖父の遺伝を受け継いでいるなと感じています。

ちなみに私には弟がいるのですが、
弟はハゲている様子はありません。

弟に「最近俺ハゲてきたから、AGA治療院行ってるんだけど、マジで生えてきたよ」と話すと、『俺もちょっとヤバイかも』とは言ってましたが、弟は私とは髪質が違い、癖っ毛ですごく剛毛なので、全くヤバそうな感じは感じませんでした。

母も癖っ毛なので、弟は母の髪質を強く受け継いだのだと思われます。
弟は弟でその癖っ毛が悩みかもしれませんが、ハゲという悩みはまだまだ遠そうです。

やはり、髪質、ハゲなどは遺伝に大きな影響を受けるのではと感じています。

ハゲ遺伝の予防、対策は?

正直、ハゲがいつ発現するかは、人によりますが、
やはり「最近抜け毛がやたら多いな」とか「なんか後退してきたな」「つむじデカくなってないか?」のような妙な変化を感じた場合は、AGA医院の無料カウンセリングにすぐに行く事を強くオススメします。

ただ、多くの人は「AGA医院ってすごくお金かかるんでしょ。。無理だよ。そんなお金ないよ」と言って、見て見ぬふりをすると思います。私もそんな一人でしたし。

正直、ハゲは他の病気と違って死や体調不良に直結するわけではないので、別に見た目を気にしないのであれば、無理に治す必要はない病と言えます。

またAGA治療薬はある意味一生飲み続ける必要がある薬とも言えるので、
すごく悩んでいるわけではないのであれば、無理にAGA治療に行く必要はないと思います。

AGAクリニックって何ヶ月通い続ければいいの?いつ辞められるのかについて
私もAGAクリニックに月1回ペースで通い始めて半年経ちました。 すっかりハゲていた頭頂部とM字後退部分にも、髪が生えてきて、 ...

そもそもAGAは悪玉男性ホルモンの影響や血管からの頭皮への栄養などが大きな要因と言えるので、症状が軽い場合は、睡眠、食生活などを整えるだけでも、多少は改善する可能性はあります。

私も過去、「あれ、前よりちょっと改善したかも」と自然に髪が生えたっぽい時期はありました。

ただ、明らかに最近おかしいな、後退している、拡大していると感じている場合は、
そういった自然回復や市販の育毛剤やシャンプーなどでは回復しないと考えてください。そしてじわりじわりと気付かぬうちに進行していきます。

完全につるっぱけてしまうと、回復するのにもその分ものすごい時間がかかります。
逆に症状が軽い場合は、見た目が元通りのフサフサ若々しい頭に回復するのも早く、早ければ半年程度で明らかな復元、若返りを実感できます。

AGA治療にかかる料金などを知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。

AGA治療でかかる費用はどれくらい?どう費用を捻出するかも教えます。
ハゲは医療で治る時代がやってきました。 私自身、いろいろな市販の育毛剤やスカルプシャンプー、頭皮マッサージなどを試してきました...

なので、ハゲの予防としては、
規則正しい生活、適度な運動(筋トレは逆効果なので×)、しっかり睡眠、健康的な食事が多少は効果が見込めます。 

また、ハゲ始めてしまった場合の対策としては、
AGA医院の無料カウンセリングにまずは行き、AGAと診断された場合は、AGA治療薬(主に錠剤の飲み薬)の服用で半年以上の時間をかけて発毛を促していくという方法になります。

残念ながら、市販の育毛剤などではハゲの進行も止まりませんし、回復なんてまずないと考えてください。

たしかに、リアップなどの一部育毛剤には、AGA治療院でも処方しているミノキシジルという血行促進成分が入っていますので、人によっては、頭皮の血行が回復し、栄養が十分行き渡る事で回復する人もいるかもしれません。

ただ、市販品はミノキシジルの含有量が少ないですし、
なにより頭皮にかけるタイプだけで回復する人は少ないです。

ミノキシジルも飲む錠剤があるのですが、
AGA治療院で処方される錠剤の方が、やはりしっかりと体内から血管に働きかける事ができますし、

また、肝心の悪玉ホルモンDHTを抑える、フィナステリド(デュタステリド)という薬はAGA医院でしか処方してくれません。市販の育毛剤にはこの成分は入っていないので、
特に遺伝で発生するハゲに対しては、この成分なしにハゲの進行を食い止め、そしてまた発毛させるのは極めて難しいと言えます。

事実、あなたは育毛剤で発毛した!ハゲが治ったという人と会った事がありますか?そんな話聞いた事ありますか?ネットで検索しても、証拠写真付きで市販の育毛剤だけで回復したなんて人は見かけません。

そもそも育毛剤だけで回復するのであれば、とっくにハゲ問題は解決していたはずですし、AGA治療院がこんなにも注目される事にはならなかったはずです。

私自身、散々育毛剤も試してきましたが、
臭くて、ベタベタするだけで、なんの効果もありませんでした。

それが、毎日錠剤を2粒飲むだけで、半年でほぼ完全回復したわけですから、
AGA治療は自信を持って周りに勧められます。

というわけで、ハゲは遺伝するのは、ほぼ間違いないのではと思われます。

もちろん、その遺伝が発現しない事が一番ありがたいわけですが、
発現してしまった場合は、現状の医学では一番効果があるAGA治療薬を服用する事が一番早くハゲを治して若々しさを取り戻し、自信を回復できる方法と言えますので、

ぜひその問題に直面している人は、AGA治療院の無料カウンセリングだけでも受けてみてくださいね。

下記も参考にしてください。

スポンサーリンク




健美体メインサイトの新着記事