AGAクリニックの辞め方。どうやってやめればいいの?

現在AGAクリニック(治療院)に通ってる人、もしくは通おうか迷っている人の中で、1つ心配事があると思います。

それは、

「このAGAクリニック辞めたい時、どうやって辞めればいいのかな。。」

という部分。

AGA治療は基本、現在の医療技術では、ずっと続けていく必要がある治療と言えます。
せっかく髪が生えてきたのに、「もう生えたからお金もったえないし、治療辞めよう」と自己判断で辞めてしまうと、あっという間に元のハゲに逆戻りしてしまう可能性がとても高いです。

その点については詳しくは下記の記事で書いてます。

AGAクリニックって何ヶ月通い続ければいいの?いつ辞められるのかについて
私もAGAクリニックに月1回ペースで通い始めて半年経ちました。 すっかりハゲていた頭頂部とM字後退部分にも、髪が生えてきて、 ...

しかし、

  • 今通っているAGA治療院では、あまり効果がないと感じる
  • 他の医院がもっと効果がある最新の治療薬を導入しているのに、自分の医院では導入していない。
  • 他の治療院が価格競争で安くなっているのに、自分の所はずっと値下げもなく高い。。
  • どうも今通ってる所は反りが合わない
  • 引っ越す予定で通うのが難しくなる

などなど、なにか理由があって、今通っている医院を辞めたい、別の医院に変えたいと思っている方もいると思います。

事実、私も、今まで通っていた医院では、段々と他院に比べて値段が高いなぁと感じてきており、デュタステリドなどのもっと効果がある新薬を導入する気配もない事から、医院への不満が高まってきていました。

そして、ある程度満足いく結果が出たので、別にもう髪は増えなくてもいいから、安い所で現状維持できる薬を処方してもらいたいなと思い、

もっと安い他院に移るために、その医院を辞めました。

というわけで、AGA医院の辞め方について話していきます。

スポンサーリンク

AGAクリニックを辞める方法

例えば、私が通っていたAGA治療院は、毎回診察後、お会計の時に『次回の予約はいつにしますか?』と聞かれていました。

この時、「あとで電話しますんで」と言っても、

『予約はすぐにいっぱいになってしまいますので、後で予約が入れられない事で薬が足りないなんていう自体にならないように、予約は今入れていって頂ければと思います。後で予約のキャンセルや変更は電話で出来ますので。』

という感じで、毎回予約は必ずいれるように言われてました。

これは、向こうも急に自己判断で辞められては困るからだと思います。

私もこの方針には実は賛成で、最初の3ヶ月位は効果は現れない(実際に効果が目に見えて分かるまで半年位は普通にかかる)ので、予約を入れない場合は、効果が出る前に自己判断で「やっぱ効果ないじゃん!」と辞めてしまうパターンも多いと思うのです。

なので、予約を入れさせる事で、最低でも効果が目に見え始めるまでの半年位は半強制的に通わせるのはある意味正しいと感じます。

ただ、予約を入れてしまうと、結局延々その医院に通わなきゃという気持ちになってしまいますよね。

もちろん、予約を入れたまま、そのまま行かない(ドタキャン)という方法もありだと思いますが、少なくとも私の通っていたAGA医院のパンフレットには「当日キャンセルにはキャンセル料1500円がかかります」と書かれていたので、

あとあとそういうのを請求されたり、揉め事になっても嫌ですから、
ドタキャンはオススメ致しません。

電話でキャンセル

結局、私の場合は、電話で予約をキャンセルしました。

AGA治療院に予約日時の2週間ほど前に電話し、

「あの~予約を入れてあるのですが、その予約をキャンセルしたいのですが」

と伝えました。

『変更ではなく、キャンセルでよろしいですか?』と聞かれたので、
「はい、キャンセルで。またこちらの予定が決まったら改めてお電話するので」というと、
特に何か聞かれる事もなく、キャンセル手続きをしてくれました。

その後は、特に向こうから電話がかかってきたりとかもありませんでした。

これで私は無事この医院を辞める事が出来たわけです。

ちなみに「なぜキャンセルするのですか?」のような事を万が一聞かれた場合は、

「ちょっと仕事の予定でそちらに伺う時間がないので、また仕事の予定がちゃんと決まってから改めて予約の電話しますので、キャンセルお願いします」

などと言えば良いでしょう。

まあ、素直に

「今後は他院で治療をする事が決まったので、キャンセルお願いします」と言うのも1つの手だと思います。

別に治療院側に法的な拘束力などは一切ありませんから、こちらが治療院を変えるのは自由です。ここで万が一治療院側が脅迫めいた事などを言ってきたら、こちらが脅迫罪で訴える事が出来ちゃいますから、そんな事は向こうもしてきません。

なので、素直に他院に移る事を話しても良いと思います。引き止めなどを受けそうですが、
「もう決まった事なので」と言えばOKですね。

出戻りは出来ないよ

ただ、私が通っていた医院にも
「途中で医師の判断なしに治療を中断したり、他院に移った場合、その後当院で治療を再度受ける事は出来ません」のような事が書かれた張り紙がありました。

まあ、これは当然だと思います。
というのも、AGAクリニック側も、自分の医院だけで継続治療してもらわないと、効果が出た、出ないの正確なデータが取れないからです。

例えば、最初の1ヶ月はA治療院で治療し、次の2ヶ月はB治療院で治療し、その後またA治療院に戻ってきたとして、それでもし治療の効果が出なかった場合、A治療院とB治療院、どっちの治療が効果がなかったのかが分からなくなるからです。

こういう事があると、のちのちの評判に傷が付きますから、出戻りを拒否する医院もある事をしっかり覚えておいてほしいですし、ころころ変えるのは逆効果だとも考えておいてください。

他に断り文句としては、「ちょっと引っ越してしまう関係で通うのが難しくなるので、今後は他院で治療を受ける事にしました」と言っても良いと思います。

ここで、また何か引き止めのような事があっても「もう次に通う所が決まってますので」と言ってしまえば引き止めようがないですね。

本来は医師と相談

AGA治療を辞める時というのは、本来は治療院の医師と相談して、投薬を減らしていったり、「もう別に年ですし、これ以上見た目を気にしなくてもよくなってきたので、そろそろ辞めたいのですが」と相談して辞める感じになります。

別にハゲは寿命に関係する病気ではないので、治療を辞めた所で死ぬわけではありません。
なので、ハゲに戻っても良いのであれば、いつでも辞めて良い治療です。

なので、もう見た目を気にしなくなった旨を医師に伝えて辞める事も可能ですが、
いきなり投薬を辞める事は、医療上あまり勧められる行為ではないので、医師も投薬量を減らしながら数ヶ月後に辞める事を勧めてくると思います。

また、効果を感じられない場合も、「効果を感じないので辞めます。他院に行きます」と医師に伝えても良いと思いますが、きっとそれだと「最低でもあと〇〇ヶ月様子を見ましょう」とか「もっと強い薬に変えてみましょう」とか、よりお金のかかる事を勧められて終わりの気もしますので、やはり電話で穏便に予約のキャンセルをするのが無難かと思います。

最初に一気払いはオススメしません

治療院によっては、治療開始時にまとめて半年~1年分の料金をローンなどを組ませて一気に払わせる医院もあるそうです。

そういうのを無料カウンセリングで勧められたら、きっぱり断りましょう。

後で一身上の都合でその医院を辞めたい時に、辞めるに辞められなくなってしまう可能性がありますので。

あくまで毎月その都度払いでやっている良識的なAGA治療院で治療を受けましょう。

というわけで、AGAクリニックの辞め方を解説してきました。
基本的には電話で「予約のキャンセルお願いします」と電話をかけて、予約キャンセル後、もう行かないというのが一番無難な方法だと思います。

もしその後、医院から『あれから来られてないですが、どうなされました?』などと電話がかかってきても、その時は「今は別の医院に通っているのでもう結構です」と断れば終わりですので。

このAGA治療というのは、ほぼ一生続く治療です。
だからこそ、毎月かかる医療費が安い所を選ぶのも大切です。

  • 信用はあるか
  • ちゃんと患者の事を考えた価格でやっているか
  • より効果がある新薬を日々研究し、導入しているか

などなどを元に治療院を選ぶと良いですね。

その辺はAGA治療院ランキングも参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク




健美体メインサイトの新着記事